HOME > 最新発行図書のご紹介 > 影山教授の教え子が泣きにくる。

書籍詳細

教え子が泣きにくる。 影山教授の教え子が泣きにくる。~涙が笑顔にかわる京都の女子大研究室~
四六判/184頁
平成26年10月発行
定価1,400円(税込)
発行/一般財団法人雇用開発センター
ネットでのご購入は、
amazonで買う
楽天で買う

お問合せは、
一般財団法人雇用開発センター までお願いします。
〒108-0014 東京都港区芝4丁目11-4 原ビルⅡ3階
TEL 03-5419-3090 FAX03-5419-3092

本書の内容

  • 月に2~3人くらいのペースで、教え子が研究室で泣く。研究室に入ってくるや、すぐに泣き出し号泣となる学生もいれば、じわじわと感極まってきて、静かに一筋の涙を流す学生もいる。
  • 彼女たちの多くは、泣くことで自らをリフレッシュさせているように見える。それが証拠に泣いた後は、ほぼ例外なくボクに笑顔を浮かべて研究室を出てゆくのだ。
  • 何かをしてやれているようでもあり、何もしてやれていないような気もする。心理学者でもカウンセラーでもないので、できることは限られている。けれど、だからこその佳き面があるのかもしれない。
  • 恋愛とは。友達とは。家族とは。学生達と影山教授との間で「涙」を軸に紡がれた研究室での11の物語。

取り扱い店舗

  • 販売等に関する問い合わせは、全国の書店、または上記、一般財団法人雇用開発センターまでお尋ね下さい。

コンテンツエッセンス

  • 第1章  君の涙に困ってる!~はじめての涙~
    第2章  最初から五番目くらいの恋
    第3章  ずっとあなたが、ライバルだった
    第4章  就職プロハンターなんていない
    第5章  就職…もうちょっとだけ、マイウェイ
    第6章  ファーザー・アイラブユー!
    第7章  前略おふくろ様。自由をください。
    第8章  われら、友達少なくても青春
    第9章  ホタルノヒカリ、その後
    第10章  ふぞろいの林檎たちになれなくて
    第11章  アルバイトに熱中時代