HOME > ニュースリリース > 「2017年卒大学生就職活動調査(第一回)の結果速報」

ニュースリリース

「2017年卒大学生就職活動調査(第二回)の結果速報」について

・企業の就職情報解禁時期が変更になった2017年卒の大学生・大学院生がの内定取得状況や就職活動をどのようなスケジュールで行っているか、取得後にどのような行動をとるのかを調査いたしました。

【結果概要】
 
  • ・調査時点での内々定率は75.0%。男女別では男性が76.7%、女性が73.4%となっている。

  • ・内々定保有者の87.2%が「内々定先の企業に満足しているので、就職活動を終了する(終了している)」と回答。

  • ・全体の41.7%が「内々定の辞退をしたことがある」と回答し、昨年同月の42.5%とほぼ同じ数字となっている。

  • ・就職活動の開始時期については「2016年3月(3年生の3月)以降」が46.2%で1位、「2015年10月(3年生の10月)以前」が19.0%で続く。

  • ・今回から追加された「ブラック企業とはどういう会社だと思うか」という質問には、「残業代が支払われない会社」が65.2%で1位、「給与が低すぎる会社」が54.0%で続く。

  • ・昨年度に比べ選考開始が2ヵ月前倒しになった就活スケジュールについては、「就活期間がちょうど良いと思う」が37.3%で1位となっている。これは前年同月調査の13.5%を大きく上回り、就活期間に肯定的な学生が増えている。


・学業と就活の両立については「両立できたので、就活期間はちょうど良いと思う」が37.3%で1位となり、昨年同月の19.1%を大きく上回っている。



【調査に関するお問い合わせ】
メール:kouhou@earc.or.jp
電 話:03-5419-3090
一般財団法人雇用開発センター