「2016年卒大学生就職活動調査(第三回)の結果速報」について

企業の就職情報解禁時期が変更になった2016年卒の大学生・大学院生がの内定取得状況や就職活動をどのようなスケジュールで行っているか、取得後にどのような行動をとるのかを調査いたしました。

【結果概要】

・調査時点での内定率は90.1%。男女別では男性が88.4%、女性が91.8%で女性が男性を上回っている
・内定保有者の54.8%が「内定の辞退をしたことがある」と回答。
・学生の11%が「オワハラ」を受けたと回答。
・2016年卒から変更になった就活スケジュールについては、「就活期間が長かったと思う」という回答が33.6%で、
「ちょうど良かった」(23.2%)「短かったと思う」(20.7%)を上回った。
・就職活動の感想については、「楽だった」と「厳しかった」が拮抗する結果となり、二極化傾向を現している。
・地方創成の動きから、学生のUIターン就職意識も高まっていると言われているが、「UIターン就活を行った」学生は
全体の18.5%で、そのうち実際に「UIターン就職をする」と回答した学生は72.3%となっている。

 

  1. 「2016年卒大学生就職活動調査(第三回)の結果速報」PDF
  2. 「2016年卒大学生就職活動調査(第三回)」調査票
  3. 「2016年卒大学生就職活動調査(第三回)」結果集計表

【調査に関するお問い合わせ】
メール:kouhou@earc.or.jp
電 話:03-5643-8220
一般財団法人雇用開発センター